金の買取相場はいくら?査定法や売るタイミングを解説します

自宅に眠っている金や貴金属。

金の相場は変動があるため、いつ売りに出すか迷ってしまう人も少なくありません。

今回は金の買取の基本知識について詳しく解説します。

金の買取価格は、実は日々変動していることをご存知ですか?金には買取の相場があって、1g辺りの買取金額は毎日その相場により変わります。

金1gの相場の目安は5,500円から6,500円前後で推移しているので、買取金額の目安としましょう。

金を売るときは相場をチェックし、相場が高騰しているタイミングで売りに出すのがおすすめです。

金は純度と割合を示す刻印がされていて、査定にはこの刻印の有無も大きく影響してきます。

刻印がない金は査定員が重さや詳細を確認し、買取できるかどうかをチェックします。

砂金などは刻印がないため、比重確認できない場合は買取ができません。

古銭や小判、海外の金貨などは取り扱っていない店舗も多いため、事前に査定員に確認するようにしましょう。

買取金額が200万円を超えると、マイナンバーが必要になる場合があります。

高額買取になりそうな場合は、あらかじめ持参するようにしましょう。

金は相場が高騰するときに売りに出すのがグッドタイミング。

金の買取を考えているなら、必ず毎日金の相場をチェックすることをおすすめします。

金は刻印があるものがベストですが、刻印がない場合は査定員に相談して買取ができるか確認しましょう。